近隣地域情報/お店紹介 広島市中区の不動産のことなら【松田不動産】

TEL:082-244-0425 FAX:082-243-3293
学校指定事業者(広島大学 上野学園)

グラフ化すると分かりやすいです。

ふと思いました…。

私も鳴かず飛ばずで気付けば42才。
先輩方には失礼な主観ですが、人生とっくに折り返してます。

時々その事実を見失って小学生ばりに無茶してしまうので、ちょっと自分への戒めを込めて人生をグラフ化してみることにしました。

 

グラフを見ると一目瞭然ですね。

年齢的には折り返し地点と言ってても
命そのものは当初のスタート時点の25%ぐらいしかありません。

 

お蔭で、人生の内の4分の3ぐらいは過ぎちゃった自覚が持てました。

 

次に、余生をより楽しむ為に、月別満足度をグラフ化して1年の傾向を見てみます。

赤線は私が小学生の時の充実感です。
ご覧の通り、新学期のクラス替えと大型連休のある時期が充実しているのがよく分かります。
※8月→9月で急激に下がるのは、きちんと夏休みの宿題をしてないからです。
※6月は祝日がないので満足度が最低です。

続いて青線42才の私です。
こちらは4~5月のノビ率が高めです。
※引越シーズン後のリフォーム工事が楽しみなのと、GW休暇の存在が大きいです。
※6月が最低なのは小学生時代と全く同じ理由です。
※冬場と夏場が低くなっているのは、寒いからと暑いからです。

ちなみに今現在は10月ですので、それなりに楽しめていることがグラフから読み取れます。
しかしながら、来月(11月)は少し下降気味なので要警戒ですね。
結局は私の気分次第のグラフですが、念の為気を付けるとします。

 

最後にグラフの注意点をお伝えします。

先ほどの満足度グラフ↓(図①)

実際に作成したグラフの全体像↓(図②)

グラフ全体(図②)を見ないで、折れ線の部分(図①)だけで判断すると、私の満足度も随分高く感じられてしまいます。

当社でも「ネット上の物件の反響数」を折れ線グラフで確認したりしますが、時々このトリックにダマされます。

牛田中の1LDK♪(二度見したくなったら本望です)

おはようございます。
と言いつつ…
うっすらと日も暮れた18時過ぎですが。

さて、先日空室となった1LDK(ワ
ンエルディーケー)のお部屋に行ってきました。

あまり築浅とはいきませんが
立派な建物で快適です。

外観

とりあえずエントランスも

牛田エリアを見渡す眺望

ふぅ。
個人的なお話で恐縮ですが、何とか難関を突破しました。
もう私は満足です。

なので、ここからは気楽に室内写真をどうぞ。
■リビング

■和室

■トイレ

■玄関~廊下

ここからはスピードを上げていきます。

■最後に一番目立つこちらの画像。

 

途中でお気付きになったかと思いますが、
全ての写真に感謝の心が入ってます。
※コレ↓

 

順番メチャクチャですが、
お部屋の間取りはコチラ。

感謝の気持ちもブッ飛ぶバチ当たりな編集です。

 

最後に、この記事のページ画像をスクショで。


 

…。

感謝されるまでこのネタ続けます。

吉浦カニ祭り 空振るの巻

10月6日~8日の3日間で、呉市吉浦町で行われた「吉浦カニ祭り」

以前、行きつけのパン屋さんから「是非、カニ祭りにいらしてください」とお誘いを受けていたこともあり、最終日(8日)に行って参りました。

◆JR吉浦駅◆10:15
駅を撮影してみました。
私は車で行きましたが、何となく電車で来た感を味わえそうでしたので。

◆商店街◆10:16
早く行きすぎました。
「準備中」どころか、それ以前のほぼ無人状態。

◆行きつけのパン屋さん◆10:24
うみねこベーカリーさん
きっと到着が早過ぎたのでしょうね。
「ようこそ!カニ祭りへ!」
という感じではなく、ただ普段通りにパンを買いに来た客となってしまいました。

 

◆音戸大橋◆11:05
パンを大人買いしてそのまま倉橋島へ旅立ち。
お気に入りの場所、音戸大橋(音戸の瀬戸公園)で休憩を。

◆グリル音戸大橋◆閉店
「グリル音戸大橋」さんが閉店してました。
お店の横で景色を眺めながらパンでも食べようかと思っていたので少し戸惑いましたが、閉店してても景色を眺めながらパンを食べられる事に気付いて、予定通りに休憩出来ました。

◆井原ビル(倉橋町)◆11:30頃
そして、ツアー第二の目的地である当社管理物件に到着です。

◆202号室◆
ご入居前のお部屋の掃除を行ないます。

写真じゃ分かりませんが、中年がタンクトップ1枚でかなり汗だくになりながら、必死の形相で掃除してます。

これを言ったら住むのイヤでしょ?
でも残念ながらそれも真実です。

◆帰路◆
爽やかな秋晴れ
帰り道は(来た時と別のルートで)第2音戸大橋を渡ることにしました。
このドライブ感、たまらなく休日を満喫してる感じで大好きです。

いやー、さすがに疲れました。

お陰で、帰り道にちょうど賑わいをみせ始めていた「吉浦カニ祭り」

どスルーして帰ってしまいました。

 

”おとうさん ありがとう”

「おとうさん ありがとう」と書かれた素敵な札。

日頃の疲れが一気に吹き飛びます。
素材自体は何の変哲もないただの板なんでしょうけど、何とも言えない温かみを感じます。

そういった所に魅力を感じたのでしょうね、思わず買いました。自分で。

 

記念日でも何でもないごく普通の日に、娘たちから突然「おとうさん ありがとう」と贈られた、特別なメッセージ札

そんな事を想像しながら自分で買いました。
ヘラヘラしながら。

 

ちなみに裏面には、メッセージが書けるようになってます。

 

こんな感じで

 

ちなみに、この札自体はイオンリテールのお酒コーナーで販売されてます(税込127円)。

つまり、正しい使い方は「日本酒やワインなどにメッセージを添えて大切な方へのプレゼント」なのだと思います。

 

なので、これは間違った使い方なのでしょうが

カップ麺に心がこもった感じがして良かったです。

真面目に物件紹介します宣言③

中区鶴見町の第2アリメントビル

301号室のリノベーション工事が間もなく完成します。

(間取り)

(工事中ですが、リビングの様子)

ダークブラウンでシックな床材(塩ビタイル)と、清潔感溢れる白い壁のコントラスト、そこにライトグリーンの畳が美しいです。

 

それはまるで丸吉商店さんのチキン南蛮弁当の様な色合いの黄金比率。
カリっと揚げられたチキンの衣と、キュウリの緑、そして白いご飯。

 

続いてキッチンは人気のクドハーン。
こちらも床やアクセントクロスに負けない存在感です。

 

それはまるでダイニンングバーIBUKIさんで提供されるカツカレーのよう。
濃厚なカレーにひときわインパクトを持たせてくれるカツ。
見事な存在感です。

 

そして日本人の心といえば和室。
畳表と畳縁の色味をあえて薄めにすることで、明らかに他のお部屋と違った雰囲気が楽しめます。

 

それはまるで先ほど登場したIBUKIさんのチョレギサラダのよう。
濃い色の韓国海苔の下で密かに目に飛び込んでくるライトグリーンのレタス。
レタスの存在が必要なんです、チョレギサラダもお部屋も。

 

さて、お部屋のご紹介がひと通り終わった所で、私もますます完成が楽しみになって参りました。

現在、第2アリメントビル301号室ご内覧を絶賛受付中。
もちろん、丸吉商店さんのチキン南蛮弁当、IBUKIさんのカツカレーやチョレギサラダもそれぞれの店舗で好評販売中です。

 

ついでに丸吉商店さんの海苔弁当の画像もどうぞ。
◆海苔弁当(500円+50円でご飯大盛り)◆ 


鮭カラ弁当(焼き鮭&鳥のカラアゲ)

以前、当社ブログ「節分!」でもご紹介させて頂いた地蔵通りの「丸吉商店さん」

今日のランチはこちらの「鮭カラ弁当」にしました。

普段は「チキン南蛮弁当」推しの私ですが、今日は鮭に浮気です。
若干、チキン(カラアゲ)への未練が残ってる組み合わせが、世の男性の卑怯な部分だと思います。

さて、メインおかずのご紹介。
※焼き鮭

ご覧の通り、肉厚で食べ応えのある一切れです。
板前さんが調理されているだけあって、さすが見事。
身はジューシー、皮は香ばしく焼き上げられてました。

不動産屋らしく紹介しますと
ご覧の通り、天井高3mで開放感のあるリビング9帖みたいな鮭です。
職人さんがリフォームされているだけあって、さすが見事。
設備は最新、内装は明るい雰囲気に仕上げられてました的な焼き鮭。

 

※カラアゲ

大きさは2口サイズ
しっかりと下味のついたもも肉が白ご飯を加速的に進めてくれます。
衣だけでも「衣弁当」売れるんじゃないかと思うほどの美味しさでした。

これも不動産屋らしく紹介しますと
最寄駅から徒歩2分ほどのカラアゲ
しっかりと日当たりを確保したモモ肉が居住性を格段に高めてくれます。
玄関ドアだけでも「家賃が取れる」んじゃなかろうかと思えるほどのクオリティでした。的なカラアゲ。

※白ご飯(ゆかり付)

ツヤの塊、コシのある最適な噛み応え、おかずにとても良く合う白ご飯。

フルコーティングされた外壁、足下サラっと快適な床、インスタにとても映える白を基調とした白ご飯。
もう飽きたでしょ?それでも不動産屋らしく続けてみました。

 

※鮭カラ弁当(全景)
ご飯大盛り(+50円)でなかなかボリューミー

 

※鮭カラ弁当(完食)
大変美味しく頂きました☆

※最後にもう1度だけ不動産屋ぽく

弁当箱の間取りは1LDKです。

想定外の出来事。

先日、広島駅近くの管理物件にて、『ご高齢のお一人暮らしのお宅への安否確認』の要請が入りました。

ご連絡頂いた方は”地域の見守り隊”こと民生委員の方。

 

「おや?」という事があると不動産会社に確認のご連絡を頂けたりするので、我われ管理会社にとっても何かと頼りになる存在です。

さて、私も「安否確認」の連絡を頂いた以上、チャリをブッ飛ばして現地に向います。

到着すると既に警察官の方3名がスタンバイ完了。
私が到着次第、すぐに入室できる状態でお待ちになられておりました。

 

早速、当社立会いの下で警察官の方が入室します。

 

結果、室内にはどなたもいらっしゃらなかったのですが、入室した警察官のお話によると…

体調が悪いので、しばらく身内の家で休んでいます。

《身内の住所・名前・連絡先》 

と書かれた手紙が室内のテーブルの上にあったらしく、とりあえず一同安心いたしました。

 

ただ

 

室内に置き手紙を残されても困ります。

誰も読めませんし。

 

次回からは、その手紙を当社にお送り頂くか、お電話一本頂けると、非常に助かります。

1 / 2512345...1020...最後 »
ページ先頭へ

管理会社をお探しの方へのご提案

連携先 リンク集

書式ダウンロード