カテゴリー  ブログ 広島市中区の不動産のことなら【松田不動産】

TEL:082-244-0425 FAX:082-243-3293
学校指定事業者(広島大学 上野学園)

松村ビルをご覧ください。

当社管理物件 中区光南1丁目の「松村ビル」

この度、物件に新たな魅力が追加されましたので、昨日(日曜)確認しに行って参りました。

(物件外観)

・実物より、ほんの少しきれいに撮影できました。
・天気も良かったので普通に撮影してもきれいに撮れますが、カメラの露出などをホゲホゲと調整して、ほんの少し新鮮さを演出しております。
・それ以上の補正や加工はしてません。せっかくの物件がうさんくさいグルメ本やグラビア雑誌みたいになっても困りますし。

 

(新たな魅力 ゴミBOX)

・この度、新品(きっと2018年製)のゴミBOXを設置しました!!!
・外部からゴミの様子が見えづらいプライバシー配慮型。
・ストッパーを外して上に開くだけの簡単エコ操作。

写真と文字では伝わりづらいその魅力は、こちらでどうぞ↓
〇松村ビル ゴミBOX(画像をクリックorタップしてください)

 

ついでに、現在募集中の302号室の動画も載せてみます↓
〇松村ビル 302号(画像をクリックorタップしてください)

 

ちなみに、休みの日に一生懸命頑張ったのに…

物件の裏庭の草むしりしてたら、蚊に刺されました。

 

次回は、憎たらしい蚊を裏庭…いや光南一丁目から一掃する勢いで行ってきます。

真面目に物件紹介します宣言②

ほぼ1ヶ月振りぐらいに、真面目に物件紹介をします。

【カーサデルK 502号室】
今話題の設備「バス・トイレ別」のお部屋です。

マンションのエントランスには今話題の設備「オートロック」が付いており、部外者などの立入りを制限します。

オートロックを抜けると、今話題の設備「エレベーター」が付いており、指先1つでお部屋の階まで楽に移動できます。
※「行きたい階数」のボタンを押すだけの簡単操作。
※「閉」ボタンはお好みで押して頂けます。

1Fオートロック、そして各室の玄関横には、今話題の設備「モニター付インターホン」が設置されております。
訪問者の「今、見られているかも…」という気まずい表情や、スゴ腕営業マンの胡散臭い笑顔を、室内にてご鑑賞頂くことができます。

肝心のお部屋の方は、単身者向けのシンプルな1K。
間取り図でいくと、こんな感じです。

 

この間取りの一番の魅力は

やはり持ちやすい点かと。
(手にフィットする間取り。抜群のサイズ感。)

 

ご内覧はいつでも可能です。
貴方様のお問合せをお待ちしておりますm(_ _)m

夏季休暇終了のお知らせ

8月11日~15日の間で頂いておりました今年の弊社夏季休暇が終わりました。

・・・が。

どうやら来年も8月11日(日)より8月15日(木)の間で夏季休暇を頂くこととなりそうなカレンダー具合となっております。

 

付け加えますと、第2土曜日が公休日となっているワタシは、その前日の10日(土)からの6連休と洒落込む勢いです。

少々気の早いお話ではございますが、皆様何とぞ宜しくお願い申し上げます。

そんな来年に向けて、本日より気持ちも新たに、日々精一杯頑張って参ります。

 

リノベってワクワクしませんか?

またも、当社イチオシのリノベーション物件の登場です。

◆松村ビル302号室◆

ナチュラルな色彩の心地よい1K(洋室11帖+キッチン3帖)

全体的にパステルチックな雰囲気が印象的。
左側の淡いパープル色したクロスが個人的にかなり惹かれます。
ナチュラル感のあるインテリアを配置するも良し。
あえて家具を少なくして小ざっぱりするのも良し。
入居後のイメージを想像するだけでもトキメクお部屋です。

個人的に、チキン竜田、たらこスパが似合うお部屋だと思います。

※ちなみに改装工事中のお部屋の画像がコチラ↓

以前は味噌ラーメンとサバ缶が非常に良く似合うお部屋でした。

 

続いてもう1件。

◆城仙館201号室◆

こちらのお部屋は、造り込み系1LDK(LDK10帖+洋室2.7帖)
そもそも造り込み系なんて言葉は存在しないと思いますが、そこはニュアンスで。

窓は全て2重サッシ。
大変優れた断熱性を有します。
洋室は2.7帖とちょっぴり狭めですが、趣味部屋または広めのウォークインクローゼットと捉えて頂けると宜しいかと。

尚、こちらのお部屋ではチーズインハンバーグ、山盛りポテトフライ、えびピラフなどが似合います。

 

※ついでに改装工事中のお写真がコチラ↓

以前はヌカ漬けと玉子かけご飯、そしてめかぶスープが非常に良く似合うお部屋でした。

 

新しい設備に囲まれて、自分好みのお部屋を楽しむ。
またそれだけでなく、このお部屋で一体何を食べるのか?すら一新してしまうリノベーションの力。

全て私の個人的意見で申し訳ありませんが、いずれにしてもリノベって何だかワクワクします。

夏季休暇のお知らせです。

平素は格別のご愛顧を賜りありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記の期間休業とさせて頂きます。

なお、物件のお問い合わせやご案内、その他店舗業務につきましては

営業開始後での対応となります。

ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

8月11日(土)休み
8月12日(日)休み
8月13日(月)休み
8月14日(火)休み
8月15日(水)休み

8月16日(木)より、通常通り営業致します。

 

以前の「夏季休暇の希望」通りの展開となり、何の面白味もなく誠に恐縮です。
夏季休暇を利用して、精一杯のバカンス気分を楽しむ勢いで地元広島の復興の礎となる所存です。

豪雨災害で被災された方へ

この度の豪雨災害で被災された方々に、改めてお見舞い申し上げます。

現在、被災された方々への住居の提供として、◇県営・市営住宅を提供したり、◇民間賃貸住宅を「仮住居」として提供したり(但し、事前に登録された物件のみ)、◇仮設住宅の建築が進められたりと…少しずつではありますが、物件が増えて来ているようです。

しかしながら、これらの制度をご利用頂ける方は、ご自宅が「全壊」もしくは「半壊」「一部損壊」といった方に限定されていることもあり、まだまだ被災者の皆様へのフォローは圧倒的に足りていないようです。

当社でも、民間賃貸住宅の情報提供を僅かばかりでも提供させて頂いておりますが、正直、力不足の感は否めません。

提供されていない物件の中には、もしかすると…

「退去後のお部屋を未補修でそのままお貸しする」などの方法により、被災者の方のご負担(契約金・補修費・違約金など)を減らすことが出来る物件があるかもしれません。

もしかすると…

「一定期間だけ賃料を減額したり、礼金不要だったり、短期でのご契約も可能な物件」もあるかもしれません。

ただ、当社も物件の管理・仲介の立場となりますので、家主様の了解の無い限り、これらの条件緩和を今すぐに「OK」とは申し上げられません。

そして、家主様にとっては「実際にどんな方が住まわれるのか」といった所が最も重要な判断基準となります。

つまり裏を返せば、「生活の基盤が普通にしっかりとされていて、尚且つ、お人柄も良好な方」であれば、「不動産屋に希望を伝える→不動産屋が家主さんにお伺いを立てる→家主さんが了解する→被災者の方向けの住居が確保できる」という流れも十分に考えられます。

なので被災者の皆さまには、「全壊・半壊・一部損壊」に関わらず「通勤・通学に困難」ですとか「今の地域の復興が落ち着くまで」ですとか、困っておられる方はまずはお気軽にお近くの不動産会社に相談してみてください。

もしかすると、当社と同じく「力になりたい。お役に立ちたい。でも、どうやったら役に立てるのかが分からない。」という不動産会社さんも数多くいらっしゃるかもしれません。
そんな不動産会社さんは、きっとその場ですぐに回答せず、家主さんにしっかりとご事情の説明や交渉などをしてくれるハズです。

とは言え、当社も気配り&心配りがきちんと出来ているかどうかは全く定かではありません。むしろ出来ていない事の方が多いかもしれません。
期待外れだったらこの記事は削除しますが、そうならない様に、今はとにかく被災された方の窮状を理解し、しっかりと寄り添う気持ちを大切にしたいと思います。

ともにがんばりましょう。

小さな会社のヒラ社員の言葉なのが残念ですが。

 

不向き。

7月11日。
府中町「えのき川」が決壊しました。

山からの大量の土砂がドワサーっと付近の住宅街になだれこみ、膝下辺りまで泥が溜まりました。

(↓こちらは送られてきた画像)

私も土地に縁ある人間として、普段より1時間ほど早めに退社し、土砂の片付け作業に加わります。
今回はステンレス磨きでも大型ゴミ処分でもネコ糞掃除でも屋上清掃でもなく、泥との戦い。
多分、小学5年生の頃に田んぼに入ったボールを取りに行った時以来のズブズブ感です。

…と、書いてて思い出しました。
明日はステンレスとネコ糞との戦いが予定されております。

(↓こちらは水でぬかるんだ泥)

作業は深夜におよび、数多くの若手有志の助けもあり、ひとまずは人が通れるだけの通路を確保しました。
が、暗すぎて写真が撮れなかったので、翌朝に撮影。
(↓翌朝の状態)

さて、そんなこんなの作業中。
スーツ着て革靴履いたサラリーマン2人組が、この道(写真でいうと2番目ぐらいのタイミング)を通りたいと。

で、「どこを通れば良いですか?」というご質問を頂きました。

「まーどこでもえっすよ。汚れますけど。」と返答した所…2人の内の1人が、何とも言えないはにかんだ笑顔。
どうやら靴を汚したくない方のようで。

近所のおじ様が「ここは無理じゃろー」と返答すると、先ほどのハニカミさんも諦めて元の道を引き返し始めました。

「靴の汚れを気にしとたらサラリーマンはつとまらんよ」
「そもそもが不向きだわ」
と、ごく当たり前の注意というか文句というか…

ええ…その暴言吐いたの私です。

だって、もう1人の(ハニカミじゃない)先輩っぽい方は、靴ドロだらけにして普通に歩いて行ったし。

 

と言いますか…

手伝わなくても構わんですが、せめて作業のジャマだけはしてくれるなと、そう思いますね。

2 / 1612345...10...最後 »
ページ先頭へ

管理会社をお探しの方へのご提案

連携先 リンク集

書式ダウンロード