ためにならない教え

先日、物件オーナー様(法人の代表者さま)を訪ねた際に

ふとした世間話の流れから

 

リモートがますます普及する世の中ですが

結局は現地・現物・現実に勝るものがない。

リモートで意思決定したものについては

そのリスクも踏まえて当人同士が納得するべきで

あとで「思ってたのと違う」と苦情を言うのは

そもそも論外である。

 

 

という話や

 

小さな仕事を丁寧にこなせない人間に

大きな仕事を任せる人間など、いるワケがない。

だからこそ日頃から小さな仕事に

一生懸命取り組んでいかないといけない。

 

という

偉そうで自意識過剰なビジネスの心得を

わたしの口が勝手に発言してしまいました。

 

 

正直いらん事を言ったと思いました。

自分で自分の首をしめたと思いました。

 

お陰でこれからしばらくの間は

わざわざ現地まで現実を確かめに行かねばなりません。

小さな仕事を大切にしなければなりません。

 

 

対人スキルの劣等生にありがちな、

心許した人に持ち上げられて

調子のって口が暴走したパターンです。

 

皆さまも過剰な自己演出には十分にご注意ください。

ページ先頭へ

不動産の有効活用を
お考えの方へ

連携先 リンク集

書式ダウンロード