キャリア

当社の若手たちが

何かと小難しい不動産業界にその身を置いて

7年という節目を迎えました。

 

それもこれも皆様のお力添えあってこそ。

関係者の皆さま、本当にありがとうございます。

 

 

・日常会話で使わない言い回しの契約書

・意味不明な契約毎に異なるルール

・通ぶってやたら短縮された業界用語

・誰ソレ?的な取引業者の多さ

 

よくぞ7年も耐えましたなぁ

と素直に嬉しく思います。

 

個人的には「この業界で〇年やってます」と

キャリア自慢する人は大嫌いなのですが

今回は何となくそのキャリアに対して

灌漑深いものがあります。

 

というのも当社の若手たちが

「不動産会社で仕事する」と決意した7年前は

私が不動産業界に身を置いて

ちょうど丸7年のキャリアを迎えた頃でした。

 

つまり

若手たちが当時の私と同じキャリアに達した

ということです。

 

 

不動産業というものに片足踏み入れて

見ること聞くこと全てが新しい経験だった

あの頃の若手たちからすると

 

当時の私は

豊富な知識と経験で仕事がデキる人

に見えたかもしれません。

 

いや、見えててください。

 

でもキャリア7年という自己中的な節目を迎え

知識と経験を同一基準で見たときに

「あいつも意外と手探りだったんだ」

と気付いて頂けたんじゃないかと思います。

 

なので先輩として

化けの皮が剥がれてスッキリなのです。

 

 

それでも尚、今の若手たちが

当時の私の方がすこぶる優秀だった

様に見えるのであれば

 

それは単に

 

先輩がすこぶる優秀に見える様に

私が教育してきただけの話

 

なのでしょう。

ページ先頭へ

不動産の有効活用を
お考えの方へ

連携先 リンク集

書式ダウンロード