想定外の出来事。

先日、広島駅近くの管理物件にて、『ご高齢のお一人暮らしのお宅への安否確認』の要請が入りました。

ご連絡頂いた方は”地域の見守り隊”こと民生委員の方。

 

「おや?」という事があると不動産会社に確認のご連絡を頂けたりするので、我われ管理会社にとっても何かと頼りになる存在です。

さて、私も「安否確認」の連絡を頂いた以上、チャリをブッ飛ばして現地に向います。

到着すると既に警察官の方3名がスタンバイ完了。
私が到着次第、すぐに入室できる状態でお待ちになられておりました。

 

早速、当社立会いの下で警察官の方が入室します。

 

結果、室内にはどなたもいらっしゃらなかったのですが、入室した警察官のお話によると…

体調が悪いので、しばらく身内の家で休んでいます。

《身内の住所・名前・連絡先》 

と書かれた手紙が室内のテーブルの上にあったらしく、とりあえず一同安心いたしました。

 

ただ

 

室内に置き手紙を残されても困ります。

誰も読めませんし。

 

次回からは、その手紙を当社にお送り頂くか、お電話一本頂けると、非常に助かります。

ページ先頭へ

不動産の有効活用を
お考えの方へ

連携先 リンク集

書式ダウンロード