禍は福に転じなければもったいない

『禍を転じて福と為す』

という諺(ことわざ)があります。

 

先週末、土曜日の晩に

これまで10年以上使用してきた

電動シェーバーが壊れました。

 

入浴前にヒゲを剃ろうとしたら

内側の部品(刃とコマ)が「カラカラ」と音を立てて

中で空回りしている状態です。

 

幸い翌日は日曜日で仕事も休みだったため

少々ヒゲを剃らなくても問題ありませんし

最近はシェーバーの剃り味も鈍っていたので

新しいシェーバーを買いに行くのに

ちょうど良い機会です。

 

不幸中の幸い。

 

そう思いながら

外れまくった刃とコマ、シェーバーのカバーを

古い歯ブラシで丁寧に掃除しながら

改めて部品を組みなおしてみると

2009年製のシェーバーがまるで新品の様に

動き始めました。

 

もちろん剃り味も申し分ありません。

 

きっと、内側の部品たちがバラバラになって

細かい所に入り込んでいたゴミが掃除できたのが

大きなターニングポイントだったのでしょう

 

 

続いてこちらの地図をご覧ください。

この日本地図で赤く塗られている場所は、

私が最近食べたプレーンヨーグルトの産地、

またはその工場のある県を示しております。

 

コロナ禍による健康志向の高まりを受け、

日本各地のご当地ヨーグルトを堪能する

ちょうど良いきっかけとなったわけです。

 

個人的には

熊本の『球磨の恵み』

青森の『プレミアム湯田ヨーグルト』

この2つは秀逸だと思いました。

 

 

で、これが何の話だと言われると困るのですが

 

私たち不動産業者にとって

長引くコロナ禍や経済不安

超加速的に進む少子化問題

この先もいろんな禍が待ち構えてます。

 

 

実際、去年の春先からはお引越しの数も減りました。

また在宅時間の増加に伴ってトラブルや苦情の件数も

なんだか増えてきた印象です。

 

そんなこんなで

不安を数えればキリがないのが本音ですが

まぁ、従来の方法や考え方を見直す

ある意味いいきっかけと言いますか

『禍を福に転じなきゃもったいないじゃん』

と、少し視点を変えて物事を考えたいな

と思っただけの話です。

 

 

ページ先頭へ

不動産の有効活用を
お考えの方へ

連携先 リンク集

書式ダウンロード