管理するか否か

先日のブログで

賃貸管理のノウハウを

無償で提供する不動産屋はいません

とご紹介させて頂きました。

 

そうかと言って

お金さえ頂ければどんな物件でも

賃貸管理をお受けする

というワケではありません。

 

私が尊敬する方の理念ですが

ビジネスはやはり人です。

 

大家さんの考えに私たちが共感できて

私たちがそれに応えることが出来て

お互いの信頼関係を築いていく感じ?

これこそ、管理業務のキモだと思います。

 

 

以前、とある管理物件でこんな事がありました。

 

入居者さんが退去されたお部屋の解約精算の際に

大家さんが自分で作成した修繕見積書と精算案を

当社に提示してこられたケースがありました。

 

好意的な内容であればお受けする所ですが

相場より随分と高いクロス単価(1,700円/m)や

広さと合わないクリーニング費15万円など

自分で作ってるせいかやりたい放題。

常識ある大人のする事とは思えません。

 

「この内容で先方に12万円を追加でご請求ください」

と某丸出しで言われましたが

到底承服しかねる内容であったため

昨今の事例や判例などをご説明の上で

大幅に修正して精算させて頂きました。

 

そして、その翌年。

別のお部屋で解約が出た際に、

更にパワーアップさせた自作の見積書で

精算の依頼をしてこられたので

この大家さんとは管理業務を解消しました。

 

一般ユーザーさんからすると

大家さんも不動産屋も同じ立ち位置です。

どこかで不動産屋の悪徳フラグが立ってしまうと

管理物件全体のイメージダウンにも繋がります。

 

一流の和菓子職人は、素材のみならず

生産者の人柄にもこだわると言いますし

私たち不動産屋もそうでありたいと思います。

 

ページ先頭へ

不動産の有効活用を
お考えの方へ

連携先 リンク集

書式ダウンロード