カテゴリー  ブログ 広島市中区の不動産のことなら【松田不動産】

TEL:082-244-0425 FAX:082-243-3293
学校指定事業者(広島大学 上野学園)

悪魔超人パーク

先日OPENしました海田町のコインパークを

またご紹介いたします。

 

場所は

国道2号線を「広島→東広島」方向へ進み

海田町にある↓の橋を渡って

橋を渡ったT字路を左折して

すぐ右手に出てくる↓の踏切を渡って

踏切を渡った先のT字路を右折して

チョイと進んだ先の↓こちら

 

カーナビだと「安芸郡海田町石原14」

で多分大丈夫です。

 

もしダメだったら「久留島酒店」

で再チャレンジして下さい。

多分、コインパークを少し通り過ぎます。

 

 

こちらの駐車場の特長は

①ワイドで停めやすい車室

 

デビルトムボーイの階段

 

ロングホーントレインの線路

 

 

④疲れた超人の肉体に

 

よく冷えたミラクルボディV

オロナミンCやリアルゴールドの流れを汲む、

例のアレです。

 

 

超人は買うべし

 

 

「飲みやすいエナジー風味の炭酸飲料」

 

しめしめ

この度の夏季休暇(8/11~8/15)

 

社長や他のスタッフ達の予定や傾向などを

勝手に判断&勝手に予想し、

尚且つ、全員の行動パターンから

かねてより企てていた私の隠密計画を実行してみました。

 

 

◆8月14日(水)

頂いたお中元をビニール袋で包む

食器棚を養生テープで塞ぐ

PCやコピー機等の機器類をラップで包む

火災報知器をラップと輪ゴムで塞ぐ

 

そして

事務所内でバルサンを焚く

 

◆翌日)8月15日(木)

換気扇を回す

バルサンの空き缶をまとめる

食器棚の養生テープを丁寧に剥がす

PCやコピー機等を包んでいたラップを剥がす

火災報知器のラップと輪ゴムを外す

食器棚の中のコップを洗う

しっかりと掃除機をかける

 

そして

家に帰る

 

◆翌々日)8月16日(金)

お盆明け初日

私にとって特別な一日

 

なぜなら

誰も害虫が気になっていない

 

そして

多分気付かれていない

 

 

しめしめ。

さすがです。

本日15日。

この度の”台風10号”に備えて
近隣駐車場に設置してあるカラーコーンを
「片付けときますか」と巡回した所…

 

いずれの駐車場でも
家主様が先に片付けて下さっていました。

 

いや、さすが。

 

◆森田ガレージ(※商談中)

 

◆寺岡ガレージ(※募集中)
↑詳細はクリック

 

◆玉岡ガレージ(※募集中)
↑詳細はクリック

 

◆藤島ガレージ(※募集中)
↑詳細はクリック

 

家主さんもしっかりと管理されている駐車場なので
ご契約後も安心ですね。

怖い物が苦手な方は見ないで

日曜日の夜

 

自宅に突然の訪問者。

 

モニターホンに映った姿に

思わず 

 

 

 

 

 

 

ひーごめんなさいっ!ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!

 

もうしませんんーん!

 

 

裏に住んでるお婆さんなんですけど。

 

画面からは部屋に入れないから(笑)

居留守とか使わないから

ドア開けたらガーンなるから

離れて待ってて(笑)

 

 

 

 

 

 

 

光るもの

盆休み初日の昨日。

とある物件に伺った所、ゴミ置場がとても幻想的な装いに変化しておりました。

 

 

 

東京ディズニーランドや青森のねぶた祭りもきっとこういう感じなんでしょうね。

 

行ったこと無いので分かりませんが。

 

猛暑の中

自宅の近所を散歩してたら

近くの川にカメがいた。

 

 

川の水の量が少なくて

川底を歩いてるカメが

橋の上からでもしっかり見れた。

 

 

私が橋の上に立ち止まって

しばらく川を見てたせいか、

橋を渡る他の人達も

ちょっと離れた所から川をみて

「あ、カメだねー」と言ってたり、

“ん?なんだカメか”みたいな雰囲気で

無言で立ち去ったり。

 

 

でも少し違う。

 

 

私がずっと見てた理由は

 

 

あれ、食える奴(すっぽん)じゃね?

小話②

ばりむかし

 

うちら安芸の国のとある城下町に

執事オーナーの依頼で執事の奉公先を募集したり

町人らの希望に合うような執事を紹介したりする

そんなハローワーク問屋さんがおっちゃった。

 

 

ある日のこと、この問屋さんのとこへ

一人のおじいさんが相談にきんさった。

 

「もうえらいこと、うちの執事たちに仕事が来てないようじゃが…」

 

どうやらおじいさんは執事オーナーさんのようです。

もう何か月も稼ぎのない執事たちが心配んなって

問屋さんとこに相談にきちゃったようなね。

 

問屋さんはぶち早く答えました。

 

「執事たちも執20年とかになってきとるけ

そろそろ若や姫たちが喜ぶような洒落た格好さすか、

あとは奉公代をちいとでも安うせんと」

 

 

それを聞いたおじいさんは困りました。

 

なぜなら

 

前に相談にきたときも同じことを言われたけぇです。

 

 

でも、実際は

問屋さんの方も困っとるんです。

 

このおじいさんとは古い付き合いなので

問屋さんも何とかしちゃりたいんです。

 

 

問屋さんは続けて言いました。

 

「今の世は、執事探しをする町人さんが

手のひらサイズのかまぼこ板を軽くポンと叩くと

伝書鳩が雷(いかずち)の如く

希望の執事情報を届けてくれる

それが常となっとるんです。

つまり、見栄えがようないと、

かまぼこ板をポンとされんのです」

 

 

おじいさんは何がいけんのか、

まだ分かっちゃおりませんでした。

 

まぁ

そうはゆうても

ハッピは2年前に洗濯屋に出しとるし

ポロシャツの襟もええ角度をキープしとるで?

そこらで流行っとる半ズボンゆうのも履かせとるし

木の実ナナ風サングラスもかけちょる

しかも未奉公じゃけぇ、どれもまだ使っとらんし。

 

 

問屋さんはこのまんまじゃ

おじいさんのタメにならんと思い

1つの例え話を始めました。

 

 

それじゃこういうのはどうじゃろう

 

例えばおじいさんがどっかのアパートを借りようとして

幾つかのアパートを見て回るとするじゃろ?

ほんで、何ぼかアパートを見て回っとる時に

家賃がちょうどええ塩梅で

それでお洒落で便利で

「うちのアパートは、あんたに住んで欲しいんよ」と

心にばり訴えかけてくる部屋があったら

そりゃそこに住むじゃろ?

 

大事なんはそこなんよ

 

それを聞いたおじいさんは

 

自分トコの執事たちがヨソの執事と比べて

なにがどう違うんか…

 

かまぼこ板をポンと叩いて伝書鳩を呼んだそうな。

 

(おしまい)

 

 

すみません。

また会社のブログで遊んでしまいました。

1 / 2612345...1020...最後 »
ページ先頭へ

管理会社をお探しの方へのご提案

連携先 リンク集

書式ダウンロード