近隣地域情報/お店紹介 広島市中区の不動産のことなら【松田不動産】

TEL:082-244-0425 FAX:082-243-3293
学校指定事業者(広島大学 上野学園)

高齢者爆弾

日曜日の朝のこと。

友人たちとサッカーで汗を流すため

自宅を車で出発しました。

 

 

自宅を出発して間もなく、

ある交差点で信号待ちをしておりました。

 

 

 

しばらくして信号が青になったので

ゆっくりと発進します。

 

そしたら右から車が突っ込んできました。

 

とりあえず急ブレーキです。

 

目の前を高齢の夫婦が乗る銀色セダンが

通り過ぎます。

 

大通りですし、時速50~60kmでしょうか、

 

少し逆走しつつも無事に回避したようです。

 

 

 

高齢者の自信たっぷりな運転が

他人の命を脅かすのは許せたものではありません。

特に私の車は右からの攻撃に弱い国産車です。

 

 

なので

と抗議です。

 

 

普段こういう事にはあまり動じない私ですが

今回ばかりは心にキズを負ってます。

 

当面の間、引きこもります。

禍(わざわい)が欲しいというワケではない。

昨日のブログで

「禍を福に転じなきゃもったいない」

と言っておきながら

人生はやはり安定に越したことはないです。

 

というのも昨日の仕事帰り、

フジグランでジャムを買う予定だったのですが

間違えてプレーンヨーグルトを2個買って帰りました。

 

前日にもヨーグルトを2個仕入れていたので

合計1.5kgのヨーグルトが冷蔵庫にあります。

 

ヨーグルトマニアにはたまらない素敵な光景ですが

パンに塗るジャムがありません。

 

 

また本日

ホームページ上に公開している物件紹介ページで

「写真が変な感じに掲載される」

「従来の方法では正しく表示されない」

という事が判明いたしました。

 

どうやら

使用しているワードプレスのバージョンが古く

アップデートでこんな不具合が出ちゃったのかと

そんな感じの原因みたいです。

 

 

要約すると

・これまでと別の方法を考えて工夫するか

・ホームページのシステムから作り直すか

そんな感じです。

 

一旦、最下部の写真データは削除しておりますので

室内写真などはリンク先(アットホームなど)で

ご覧ください。

 

今後はシステムさんと相談しながら

最適な方法と良心的なお見積りのご提案を頂くまで

工夫しながらやっていくと思います。

 

 

どちらも、福に転じたらまたご報告します。

禍は福に転じなければもったいない

『禍を転じて福と為す』

という諺(ことわざ)があります。

 

先週末、土曜日の晩に

これまで10年以上使用してきた

電動シェーバーが壊れました。

 

入浴前にヒゲを剃ろうとしたら

内側の部品(刃とコマ)が「カラカラ」と音を立てて

中で空回りしている状態です。

 

幸い翌日は日曜日で仕事も休みだったため

少々ヒゲを剃らなくても問題ありませんし

最近はシェーバーの剃り味も鈍っていたので

新しいシェーバーを買いに行くのに

ちょうど良い機会です。

 

不幸中の幸い。

 

そう思いながら

外れまくった刃とコマ、シェーバーのカバーを

古い歯ブラシで丁寧に掃除しながら

改めて部品を組みなおしてみると

2009年製のシェーバーがまるで新品の様に

動き始めました。

 

もちろん剃り味も申し分ありません。

 

きっと、内側の部品たちがバラバラになって

細かい所に入り込んでいたゴミが掃除できたのが

大きなターニングポイントだったのでしょう

 

 

続いてこちらの地図をご覧ください。

この日本地図で赤く塗られている場所は、

私が最近食べたプレーンヨーグルトの産地、

またはその工場のある県を示しております。

 

コロナ禍による健康志向の高まりを受け、

日本各地のご当地ヨーグルトを堪能する

ちょうど良いきっかけとなったわけです。

 

個人的には

熊本の『球磨の恵み』

青森の『プレミアム湯田ヨーグルト』

この2つは秀逸だと思いました。

 

 

で、これが何の話だと言われると困るのですが

 

私たち不動産業者にとって

長引くコロナ禍や経済不安

超加速的に進む少子化問題

この先もいろんな禍が待ち構えてます。

 

 

実際、去年の春先からはお引越しの数も減りました。

また在宅時間の増加に伴ってトラブルや苦情の件数も

なんだか増えてきた印象です。

 

そんなこんなで

不安を数えればキリがないのが本音ですが

まぁ、従来の方法や考え方を見直す

ある意味いいきっかけと言いますか

『禍を福に転じなきゃもったいないじゃん』

と、少し視点を変えて物事を考えたいな

と思っただけの話です。

 

 

美味しい牡蠣のために

美味しい牡蠣を求めて

呉市の倉橋島の砂浜で

 

ゴミ拾いをしてきました。

海がきれいになると

牡蠣も更に美味しくなることでしょう。

 

 

それにしてもなんで

倉橋の牡蠣直売所は

どこも日曜休みなのだ。

 

 

順次改装が進んでおります

本日、西区中広3丁目の物件のオーナー様より

「着々と改装が進んでますよ♪」

とのご連絡を頂きました。

 

単身用の1DKで

キッチンと床はシックなダークブラウン

一方和室は爽やかな若草色の畳

 

メリハリ効いたコントラストは

男子ウケの良い雰囲気になりそうです。

来週火曜日には改装工事が落ち着きそうなので

またたくさんの写真をご用意いたします。

 

 

またこの度、中区鶴見町の単身物件でも

お部屋の改装が完了いたしました。

 

キッチンとエアコンは開封したての超新品を設置。

フレンチヘリンボーン柄のDK床(CF)と

DAIKENの和紙畳(乳白色)の和室が

何とも愛らしい空間となっております。

 

この様な和室リフォームは意外と市場に少なくて

どことなく

鬼滅ファンの心を揺さぶります。

 

どちらも学生さんや新社会人にすこぶる優しいオーナーさん。

日頃からご入居されている方の事を大切にしておられます。

 

が、人に迷惑をかける行為を見かけたりすると

目玉に「上弦」の文字が浮かぶことがあります。

ヘイブラザー

当社管理物件のスカイハイツ3号

 

シングルタイプのワンルーム3室と

1階事務所(便利なバックヤード&駐車場付)を

ただ今絶賛募集中です。

 

 

さて先日

こちらの兄弟物件を見に行って参りました。

東広島市西条町土与丸にあるスカイハイツ1号。

※他社さんの管理物件ですので

当社では直接のお取り扱いはしておりませんが

管理会社さんのHPを拝見しますと

募集中のお部屋があるみたいです。

 

どちらの物件も同じオーナー様。

温和で優しい方なので

安心してご入居いただけますよ。

 

コロナ禍を生き抜こう

先日、プライベートで若い衆から

「なんで若者とか飲食ばっかり規制するん?」

という昨今のコロナ対策についての

実直な疑問を投げかけられました。

 

私は政治家でも医者でも経済学者でもないので

「なんとなく思うのはね…」

という個人的感想でしかないのですが

 

 

もし自分が政治や経済を動かすような立場だったら

まずは自分の身の安全と収入を確保しながら

弱者に対策を押し付けるような手段を選ぶと思う。

その中でも

”今の仕事を失っても、まだ若いし頑張れ”

的な感じだったり

基本はアルバイトで回してる飲食業界だったりが

コロナ対策の建前でもっともらしい理由つけられて

割を食う可能性は高いんじゃなかいんかしらね。

 

あと選挙に行かない人とか多いし

政治家さんもダメージ少ないでしょ

 

 

 

でも多分ね、実際の飲食業界ってのは

あらゆる業種の中でもかなり衛生的であることは

誰もが知ってる事だと思うのね。

 

政府やメディアがこぞって叩くのは

「マスク会食」「4人以下での会食」とか

食事中の会話に焦点あててるだけでしょ

 

だったら「食事中の会話」どころか

「店内では一切無言」をルール化した

無言営業という新たなジャンルを作ったらどうかね

 

店員さんは

笑顔とお辞儀と指差しだけで接客して

お客さんは紙と鉛筆で注文してさ

無言具合をレビューで評価すれば

結構おもしろくない?

 

もしお客が無言ルールを破ったら

警察に通報されて署で事情聴取とか。

 

ただ食べるだけの『無言食堂』

ママさんがほほ笑むだけの『無言スナック』

 

 

その内手話も広まったりして

難聴の人たちにも喜ばれるんじゃないかしらね

 

無言アプリも出るかもよ

イヤホンマイクと連動させてから

無言時間に応じてポイントがザクザク貯まるやつ

 

ほら

無言ってこの先けっこーアリじゃない?

ほらほら

自分若いんだし、どんどん広めなよ!

 

 

…とヘタにコロナ対策について中年に質問すると

後の講釈がめんどくさい、という若者受難のお話。

 

さて、16日(土)と17日(日)は当社店休日となります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

ページ先頭へ

管理会社をお探しの方へのご提案

連携先 リンク集

書式ダウンロード